はらいふにっき

コミュニティハウス ”はらいふ” に集う人たちの、日々や思うこと

ピッツァ!

こんにちは、てつしです。

特技は石窯でピッツァを焼くことでおなじみ、てつしです。

f:id:ha-life:20181108210405j:plain

手に持っているのがピッツァです。強すぎる太陽光に色を失ってしまって、自分が何者かを忘れかけていますが、ピッツァというおいしいやつです。

 

……おいしそうに見えない?

ならピッツァの本気を見ていただきましょう。

 

f:id:ha-life:20181108220440j:plain

おいしいそう!

 

f:id:ha-life:20181108211040j:plain

これはもはやおいしい!

 

f:id:ha-life:20181108211207j:plain

デスクトップの背景にしたい!(?)

 

f:id:ha-life:20181108211247j:plain

あまりのおいしさにれいちぇるもにっこりです。

ちなみにこれはフリースクールのお昼ご飯。お昼ご飯の概念が覆る瞬間でした。

 

さて、そんなピッツァのおいしさの秘訣、それはこんな石窯。名をトメ子と言います。

f:id:ha-life:20181108211555j:plain

ピッツァは高温で焼くことで外側はサクッと中はもっちりのおいしいピッツァになるのです。反射熱だとか輻射熱だとか、そういうのがなんかいい感じにはたらくのです。

釜を高温に保つために薪をくべては扇いで酸素を送り、くべてはあおぎ、くべてはあおぎを繰り返すのです。重労働です。煙のせいで酸素も薄いです。

 

f:id:ha-life:20181108212248j:plain

そんなこんなで全身を煙に包まれ、そうか燻製ってこんな気持ちなのか、とか思っている間にピッツァが焼けていくのです。

 

 

いつだってピッツァはおいしい。

f:id:ha-life:20181108213810j:plain

これもデスクトップの背景にしたい一枚。(?)

 

はらいふのピッツァはフリースクール以外でも、イベントなどで食べることができたりするとかしないとか。

 

f:id:ha-life:20181110190158j:plain

ピッツァと共に撮影される私で終わりの挨拶とさせていただきます。

 

それではまた!