はらいふにっき

コミュニティハウス ”はらいふ” に集う人たちの、日々や思うこと

はらいふのおやつ

 はじめまして、生徒のyuzukiです。6月18日に発生した大阪北部地震の影響ははらいふには見られず、いつも通りの生活を送っています。今日ははらいふと“食”について書こうと思います。

 僕は朝の11時かられいちぇると昼ご飯を作りました。

「ご飯は何合炊きます?」

 僕はれいちぇるに尋ねました。

「5合かな。今日は7人いるから」

「もうちょっと減らしても構わないと思うんですけど」

「ええやん、食べ盛りの子たちたくさんおるから」

 今日は生徒とスタッフを合わせて7人いました。僕は1升炊きの炊飯器に5合をセットし、れいちぇると一緒に食事を作っていきました。今日はニラ卵をメインにしてネギたっぷりのみそ汁、そして冷蔵庫にあった残り物、かなりの量です。これは7人分あるでしょう(写真がないのでごめんなさい)。れいちぇるの手さばきは早く、思わず見とれてしまうほどでした。

 僕らは7人で食卓を囲み、順調に食べていきました。すると、れいちぇるが「この量で大丈夫」と言っていたご飯が、あっという間になくなってしまったではありませんか。

「6合必要でしたね」

「はははは」

 

 午後は2手に分かれて活動しました。ちょうど収穫期を迎えたジャガイモを掘りに行く人たちと、日本海で獲れたアジをさばく人たちです。僕らはジャガイモを掘っていました。

f:id:ha-life:20180622095644j:plain

これが掘れたイモの写真です。

f:id:ha-life:20180622095716j:plain

 凄いでしょ、この量。ちゃんとアジをさばく人の写真もありますよ。

f:id:ha-life:20180622095746j:plain

 みなさん一生懸命になってアジをさばいています。

 ジャガイモを掘るグループは同時に周りの雑草も抜いたため、暑さもありヘトヘトになってしまいました。そんな中はらいふハウスに戻れば、まだアジをさばく人たちがいました。僕は彼らを手伝う気力もなく、ゴロンとしていました。すると。

「おやつだよー」

と言われて差し出されたのはアジの刺身、マリネ、塩焼きではありませんか(これも写真がありません、ごめんなさい)。普通の学校のおやつでアジの刺身なんて出ないでしょう。このフリーダムさがはらいふの魅力だなぁ、そしてみんな食欲旺盛だなぁ、と感じた1日なのでした。

 

 まだまだ生徒さん募集してますよ〜